SP / BMCを使用したリモートからのノードの管理

ノードをリモートから管理するには、Service Processor(SP;サービスプロセッサ)またはBaseboard Management Controller(BMC;ベースボード管理コントローラ)と呼ばれるオンボード コントローラを使用します。現在のプラットフォーム モデルにはすべて、このリモート管理コントローラが含まれています。このコントローラは、ノードの動作状態に関係なく、継続して機能します。

AFF、FAS、およびVシリーズのほとんどのプラットフォームは、SPを搭載しています。AFF A700sは例外で、BMCを搭載しています。