ヘルス アラートによるAutoSupportメッセージおよびイベントのトリガー方法

システム ヘルス アラートはAutoSupportメッセージとEvent Management System(EMS;イベント管理システム)のイベントをトリガーし、AutoSupportメッセージとEMSを使用するか、ヘルス監視システムを直接使用してシステムの正常性を監視できるようにします。

システムは、アラートから5分以内にAutoSupportメッセージを送信します。AutoSupportメッセージには、最後のAutoSupportメッセージ以降に生成されたすべてのメッセージが含まれます。ただし、同じリソースで前週に原因があると考えられる重複するアラートは除きます。

アラートによっては、AutoSupportメッセージをトリガーしないものがあります。ヘルス ポリシーでAutoSupportメッセージの送信が無効になっている場合は、アラートが発生しても、AutoSupportメッセージがトリガーされません。たとえば、問題の発生時にAutoSupportからすでにメッセージが生成されているという理由で、ヘルス ポリシーによりデフォルトでAutoSupportメッセージを無効にすることもできます。system health policy definition modifyコマンドを使用して、AutoSupportメッセージをトリガーしないようにポリシーを設定できます。

system health autosupport trigger history showコマンドを使用して、前週に送信されたAutoSupportメッセージをトリガーしたすべてのアラートのリストを表示できます。

また、アラートはEMSに対するイベントの生成もトリガーします。イベントは、アラートが作成されるたび、およびアラートがクリアされるたびに生成されます。