ONTAPからのSPの管理用コマンド

ONTAPには、SPネットワーク設定、SPファームウェア イメージ、SPへのSSHアクセス、一般的なSPの管理など、SPを管理するためのコマンドが用意されています。

SPネットワーク設定の管理用コマンド

状況 実行するONTAPコマンド
SPの自動ネットワーク設定を有効にして、指定されたサブネットのIPv4またはIPv6アドレス ファミリーを使用する system service-processor network auto-configuration enable
指定されたサブネットのIPv4またはIPv6アドレス ファミリーを使用する、SPの自動ネットワーク設定を無効にする system service-processor network auto-configuration disable
SPの自動ネットワーク設定を表示する system service-processor network auto-configuration show
ノードのSPネットワークに対して、次の項目を手動で設定する
  • IPアドレス ファミリー(IPv4またはIPv6)
  • 指定したIPアドレス ファミリーのネットワーク インターフェイスを有効にするかどうか
  • IPv4を使用している場合、DHCPサーバからのネットワーク設定と、指定のネットワーク アドレスのどちらを使用するか
  • SPのパブリックIPアドレス
  • SPのネットマスク(IPv4を使用している場合)
  • SPのサブネット マスクのネットワーク プレフィックス長(IPv6を使用している場合)
  • SPのゲートウェイIPアドレス
system service-processor network modify
次のようなSPネットワーク設定を表示する
  • 設定されているアドレス ファミリー(IPv4またはIPv6)、およびそれが有効かどうか
  • リモート管理デバイスのタイプ
  • 現在のSPのステータスとリンクのステータス
  • ネットワーク設定(IPアドレス、MACアドレス、ネットマスク、サブネット マスクのプレフィックス長、ルータが割り当てたIPアドレス、リンクのローカルIPアドレス、ゲートウェイIPアドレスなど)
  • 前回SPが更新された時刻
  • SPの自動設定に使用されるサブネットの名前
  • ルータが割り当てたIPv6 IPアドレスが有効かどうか
  • SPネットワークのセットアップ ステータス
  • SPネットワークのセットアップ エラーの原因
system service-processor network show

SPネットワークの詳細をすべて表示するには、-instanceパラメータを指定します。

次のSP APIサービス設定を変更する
  • SP APIサービスで使用されるポートの変更
  • SP APIサービスの有効化または無効化
system service-processor api-service modify

(advanced権限レベル)

SP APIサービス設定を表示する

system service-processor api-service show

(advanced権限レベル)

SP APIサービスの内部通信に使用されるSSL証明書およびSSH証明書の更新

system service-processor api-service renew-certificates

(advanced権限レベル)

SPファームウェア イメージの管理用コマンド

状況 実行するONTAPコマンド
現在インストールされているSPファームウェア イメージの次の詳細を表示する
  • リモート管理デバイスのタイプ
  • SPがブートされるイメージ(primaryまたはbackup)とそのステータス、およびファームウェア バージョン
  • ファームウェアの自動更新が有効かどうかと、最新の更新ステータス
system service-processor image show

-is-currentパラメータは、インストールされているファームウェアのバージョンが最新かどうかではなく、SPが現在ブートされているイメージ(primaryまたはbackup)を示します。

SPの自動ファームウェア更新を有効または無効にする system service-processor image modify

デフォルトでは、SPファームウェアは、ONTAPの更新時、またはSPファームウェアの新しいバージョンを手動でダウンロードしたときに、自動で更新されます。自動更新を無効にすると、ONTAPイメージとSPファームウェア イメージの組み合わせが最適でなくなる、または無効になる場合があるため、無効にしないことを推奨します。

ノードにSPファームウェア イメージを手動でダウンロードする system node image get
注: system node imageコマンドを実行する前に、権限レベルをadvancedに設定する必要があります(set -privilege advanced)。続行するかどうかを尋ねられたら、「y」と入力します。

SPファームウェア イメージはONTAPに同梱されています。ONTAPに同梱されているSPファームウェアとは異なるバージョンを使用する場合を除き、SPファームウェアを手動でダウンロードする必要はありません。

次の項目を指定して、SPファームウェアを手動で更新する
  • 使用するSPファームウェア パッケージ

    パッケージ ファイル名を指定すると、SPで特定のSPファームウェア パッケージを使用できます。system node image package showコマンドは、ノード上で使用可能なすべてのパッケージ ファイルを表示します(SPファームウェア パッケージのファイルを含む)。

  • インストールのベースライン

    SPファームウェアを、現在実行しているバージョンのONTAPに付属しているベースラインのバージョンに更新できます。

  • ネットワーク インターフェイスまたはシリアル インターフェイスを使用して、ファームウェア イメージ全体を更新するか、変更部分のみを更新するか
  • ファームウェア イメージ全体を更新する場合、ログ設定も工場出荷時のデフォルトにリセットし、イベント ログ、IPMIログ、フォレンジック ログなど、SPで保持されているすべてのログの内容を消去するかどうか
system service-processor image update
ONTAPからトリガーされた最新のSPファームウェア更新に関し、以下を含むステータスを表示する
  • 最新のSPファームウェア更新の開始時刻と終了時刻
  • 更新が進行中かどうかと、進行状況(%)
system service-processor image update-progress show

SPへのSSHアクセスの管理用コマンド

状況 実行するONTAPコマンド
指定したIPアドレスにのみSPへのアクセス権を付与する system service-processor ssh add-allowed-addresses
指定したIPアドレスにSPへのアクセスを禁止する system service-processor ssh remove-allowed-addresses
SPにアクセスできるIPアドレスを表示する system service-processor ssh show

一般的なSP管理コマンド

状況 実行するONTAPコマンド
次のようなSPの一般情報を表示する
  • リモート管理デバイスのタイプ
  • 現在のSPのステータス
  • SPネットワークが設定されているかどうか
  • パブリックIPアドレスやMACアドレスなどのネットワーク情報
  • SPファームウェアのバージョンとIntelligent Platform Management Interface(IPMI)のバージョン
  • SPファームウェアの自動更新が有効かどうか
system service-processor show

SPの情報をすべて表示するには、-instanceパラメータを指定します。

ノードでSPをリブートし、使用するSPファームウェア イメージ(プライマリまたはバックアップ)を必要に応じて指定する system service-processor reboot-sp
注意: SPをバックアップ イメージからブートすることは避けてください。バックアップ イメージからのブートは、トラブルシューティングとリカバリの目的でのみ使用します。この場合、SPの自動ファームウェア更新の無効化が必要になることがあるため、推奨される設定ではありません。SPをバックアップ イメージからブートする前に、テクニカル サポートにお問い合わせください。
指定したノードから収集されたSPログ ファイルを含むAutoSupportメッセージを生成して送信する system node autosupport invoke-splog
クラスタ内で収集されたSPログ ファイルの割り当てマップを表示する(収集する各ノードに格納されているSPログ ファイルのシーケンス番号を含む) system service-processor log show-allocations