AutoSupportメッセージが送信されるタイミングおよび場所

AutoSupportは、メッセージのタイプに応じた宛先にメッセージを送信します。AutoSupportがメッセージを送信するタイミングと場所を知ると、Eメールで受信するメッセージまたはActive IQ(旧My AutoSupport)Webサイトに表示されるメッセージを把握するのに役立ちます。

特に指定がないかぎり、次の表に示す設定は、system node autosupport modifyコマンドのパラメータです。

イベントトリガー型メッセージ

修正措置を必要とするシステムでイベントが発生した場合には、AutoSupportからイベントトリガー型メッセージが自動的に送信されます。

メッセージが送信されるタイミング メッセージの送信先
AutoSupportがEMSのトリガー イベントに応答するとき -to-notetoで指定されているアドレス (送信されるのはサービスに影響がある重要なイベントのみ)

-partner-addressで指定されているアドレス

テクニカル サポート(-supportenableに設定した場合)

スケジュールされたメッセージ

AutoSupportは、定期的にいくつかのメッセージを自動的に送信します。

メッセージが送信されるタイミング メッセージの送信先
毎日(デフォルトでは、午前0時から 午前1時までの間に ログ メッセージとして送信される) -partner-addressで指定されているアドレス

テクニカル サポート(-supportenableに設定した場合)

毎日(デフォルトでは、午前0時から 午前1時までの間に パフォーマンス メッセージとして送信される)(-perfパラメータをtrueに設定した場合) -partner-addressで指定されているアドレス

テクニカル サポート(-supportenableに設定した場合)

毎週(デフォルトでは、日曜日の午前0時から 午前1時までの間に送信される) -partner-addressで指定されているアドレス

テクニカル サポート(-supportenableに設定した場合)

手動でトリガーされるメッセージ

AutoSupportメッセージは、手動で送信または再送信できます。

メッセージが送信されるタイミング メッセージの送信先
system node autosupport invokeコマンドを使用して、手動でメッセージを送信したとき system node autosupport invokeコマンドで-uriパラメータを使用してURIを指定すると、そのURIにメッセージが送信されます。-uriを省略すると、-toおよび-partner-addressで指定したアドレスにメッセージが送信されます。-supportenableに設定した場合は、テクニカル サポートにもメッセージが送信されます。
system node autosupport invoke-core-uploadコマンドを使用して、手動でメッセージを送信したとき

system node autosupport invoke-core-uploadコマンドで-uriパラメータを使用してURIを指定すると、そのURIにメッセージが送信され、コア ダンプ ファイルがアップロードされます。

system node autosupport invoke-core-uploadコマンドで-uriを省略すると、テクニカル サポートにメッセージが送信され、テクニカル サポート サイトにコア ダンプ ファイルがアップロードされます。

どちらのシナリオでも、-supportenableに設定し、-transporthttpsまたはhttpに設定する必要があります。

コア ダンプ ファイルは大容量のため、メッセージは-toパラメータと-partner-addressesパラメータで指定したアドレスには送信されません。

system node autosupport invoke-performance-archiveコマンドを使用して、手動でメッセージを送信したとき

system node autosupport invoke-performance-archiveコマンドで-uriパラメータを使用してURIを指定すると、そのURIにメッセージが送信され、パフォーマンス アーカイブ ファイルがアップロードされます。

system node autosupport invoke-performance-archiveコマンドで-uriを省略すると、テクニカル サポートにメッセージが送信され、テクニカル サポート サイトにパフォーマンス アーカイブ ファイルがアップロードされます。

どちらのシナリオでも、-supportenableに設定し、-transporthttpsまたはhttpに設定する必要があります。

パフォーマンス アーカイブ ファイルは大容量のため、メッセージは-toパラメータと-partner-addressesパラメータで指定したアドレスには送信されません。

system node autosupport history retransmitコマンドを使用して、手動で過去のメッセージを再送信したとき system node autosupport history retransmitコマンドの-uriパラメータで指定したURIだけに送信されます。

テクニカル サポートによってトリガーされるメッセージ

テクニカル サポートは、AutoSupport OnDemand機能を使用してAutoSupportからのメッセージを要求できます。

メッセージが送信されるタイミング メッセージの送信先
新しいAutoSupportメッセージを生成するという送信指示をAutoSupportが受け取ったとき

-partner-addressで指定されているアドレス

テクニカル サポート(-supportenableに設定し、-transporthttpsに設定した場合)

過去のAutoSupportメッセージを再送信するという送信指示をAutoSupportが受け取ったとき

テクニカル サポート(-supportenableに設定し、-transporthttpsに設定した場合)

コア ダンプ ファイルまたはパフォーマンス アーカイブ ファイルをアップロードする新しいAutoSupportメッセージを生成するという送信指示をAutoSupportが受け取ったとき

テクニカル サポート(-supportenableに設定し、-transporthttpsに設定した場合)。テクニカル サポート サイトにコア ダンプ ファイルまたはパフォーマンス アーカイブ ファイルがアップロードされます。