Webプロトコル エンジンの管理

クラスタ上でWebプロトコル エンジンを設定し、Webアクセスを許可するかどうか、およびどのSSLのバージョンが使用可能かを制御できます。また、Webプロトコル エンジンの構成設定を表示することもできます。

Webプロトコル エンジンは、次の方法でクラスタ レベルで管理できます。

ファイアウォールが有効になっている場合は、Webサービスに使用する論理インターフェイス(LIF)のファイアウォール ポリシーを設定して、HTTPまたはHTTPSアクセスを許可する必要があります。

Webサービス アクセスにHTTPSを使用する場合は、Webサービスを提供するクラスタまたはStorage Virtual Machine(SVM)のSSLを有効にし、そのクラスタまたはSVMのデジタル証明書を提供する必要もあります。

MetroCluster構成では、クラスタ上のWebプロトコル エンジンの設定に対する変更内容は、パートナー クラスタにはレプリケートされません。