iSNSサーバの機能

iSNSサーバではInternet Storage Name Service(iSNS)プロトコルが使用され、ネットワークでアクティブなiSCSIデバイスに関する情報(IPアドレス、iSCSIノード名[IQN]、ポータル グループなど)が維持されます。

iSNSプロトコルを使用すると、IPストレージ ネットワークでiSCSIデバイスを自動的に検出し、管理できるようになります。iSCSIイニシエータが、iSNSサーバに照会することにより、iSCSIターゲット デバイスを検出します。

ネットアップでは、iSNSサーバの提供や再販は行っていません。これらのサーバは、ネットアップがサポートするベンダーから取得できます。現在サポートされているiSNSサーバの一覧については、ネットアップのiSCSIサポート マトリックスを参照してください。