NVMeを使用したSANプロビジョニング

ONTAP 9.4以降では、SAN環境でNVMe/FCがサポートされます。NVMe/FCでは、FCおよびiSCSIでLUNをプロビジョニングしてigroupにマッピングするのと同じように、ネームスペースとサブシステムをプロビジョニングし、ネームスペースをサブシステムにマッピングすることができます。

NVMeネームスペースは、論理ブロックにフォーマット可能な不揮発性メモリの容量です。ネームスペースはFCおよびiSCSIプロトコルのLUNに相当し、NVMeサブシステムはigroupに相当します。NVMeサブシステムはイニシエータと関連付けることができ、これにより関連付けられたイニシエータからサブシステム内のネームスペースにアクセスできるようになります。
注: NVMeネームスペースは、機能的にはLUNに似ていますが、LUNでサポートされるすべての機能がサポートされるわけではありません。

ONTAP 9.5以降では、NVMeを使用したホスト側のデータ アクセスをサポートするにはライセンスが必要です。NVMeが有効なONTAP 9.4をONTAP 9.5にアップグレードした場合、90日間の猶予期間中にライセンスを取得する必要があります。ライセンスを有効にするには次のコマンドを使用します。system license add -license-code NVMe_license_key