選択的LUNマップ

選択的LUNマップ(SLM)では、ホストからLUNへのパスの数を減らすことができます。SLMを使用して新しいLUNマップを作成すると、LUNを所有するノードとそのHAパートナーのパス経由でのみLUNにアクセスできます。

SLMを使用すると、ホストごとに1つのigroupを管理でき、システム停止を伴わないLUNの移動処理がサポートされます。ポートセットの操作やLUNの再マッピングは不要です。

以前のバージョンのONTAPと同様に、ポートセットとSLMを併用すると、特定のターゲットのアクセスを特定のイニシエータのみに制限できます。SLMとポートセットを併用する場合、LUNには、そのLUNを所有するノードおよびノードのHAパートナーのポートセットに含まれる一連のLIF経由でアクセス可能になります。

新しいLUNマップではSLMがデフォルトで有効になります。