最適なパフォーマンスを実現するためのネットワーク設定

イーサネット ネットワークはそれぞれにパフォーマンスが大きく変わります。特定の設定値を選択することで、iSCSIに使用するネットワークのパフォーマンスを最大限に高めることができます。

手順

  1. ホスト ポートとストレージ ポートを同じネットワークに接続します。
    同じスイッチに接続することを推奨します。ルーティングは絶対に使用しないでください。
  2. 最も速度の速いポートを選択して、それらをiSCSI専用にします。
    10GbEポートが最適です。最小要件は1GbEポートです。
  3. すべてのポートでイーサネット フロー制御を無効にします。
    CLIを使用してイーサネット ポートのフロー制御を設定するには、ONTAP 9ネットワーク管理ガイドを参照してください。

    ネットワークおよびLIFの管理

  4. ジャンボ フレームを有効にします(通常はMTUが9000)。
    イニシエータ、ターゲット、スイッチを含む、データ パス内のすべてのデバイスでジャンボ フレームがサポートされている必要があります。サポートされていない場合にジャンボ フレームを有効にすると、ネットワークのパフォーマンスが大幅に低下します。