Microsoftオフロード データ転送(ODX)

Microsoft Offloaded Data Transfer(ODX;オフロード データ転送)はコピー オフロードとも呼ばれ、この機能を使用すると、ストレージ デバイス内または互換性があるストレージ デバイス間で、ホスト コンピュータを介さずにデータを直接転送できます。

ONTAPでは、CIFSプロトコルとSANプロトコルの両方でODXをサポートしています。

ODX以外のファイル転送では、ソースからデータが読み取られ、ネットワーク経由でホストに転送されます。ホストは、データをネットワーク経由でデスティネーションに転送します。ODXファイル転送では、ホストを経由せずに、データがソースからデスティネーションに直接コピーされます。

ODXオフロード コピーはソースとデスティネーションの間で直接実行されるため、パフォーマンスが大幅に向上します。実現するパフォーマンスの向上には、コピー時間の短縮、クライアントでのCPUとメモリの使用量の削減、ネットワークI/O帯域幅の使用量の削減などが挙げられます。

SAN環境でODXを使用できるのは、ホストとストレージ システムの両方でODXがサポートされている場合のみです。ODXがサポートされていて有効になっているクライアント コンピュータでは、ファイルの移動やコピーを行う際に、オフロード ファイル転送が自動的かつ透過的に使用されます。ODXは、ファイルをエクスプローラでドラッグ アンド ドロップしたか、コマンドラインのファイル コピー コマンドを使用したか、クライアント アプリケーションによってファイル コピー要求が開始されたかに関係なく使用されます。