シングルノードを使用するiSCSI SANホストの構成方法

iSCSI SANホストは、1つのノードに直接接続するか1つまたは複数のIPスイッチを使用して接続するように構成することができます。完全な冗長性が不要な場合はシングルスイッチ構成、完全な冗長性が必要な場合はマルチスイッチ構成を使用します。

iSCSI SANホストは、直接接続型、シングルスイッチ、またはマルチスイッチの環境で構成できます。ノードに接続するホストが複数ある場合、各ホストでオペレーティング システムが同じである必要はありません。単一ネットワークおよびマルチネットワークの構成では、ノードから複数のiSCSI接続でスイッチに接続できますが、この構成にはALUAをサポートするマルチパス ソフトウェアが必要になります。

注: ホストからコントローラへのパスが複数ある場合は、ホストでALUAを有効にする必要があります。

直接接続型のシングルノード構成

直接接続型の構成では、1つまたは複数のホストをノードに直接接続します。



単一ネットワークのシングルノード構成

単一ネットワークのシングルノード構成では、1つのノードを1台のスイッチで1つまたは複数のホストに接続します。スイッチが1台しかないため、この構成では完全な冗長性は確保されません。



マルチネットワークのシングルノード構成

マルチネットワークのシングルノード構成では、1つのノードを複数のスイッチで1つまたは複数のホストに接続します。スイッチが複数あるため、この構成では完全な冗長性が確保されます。