サポートされるFCホップ数

ホストとストレージ システムの間でサポートされる最大FCホップ数は、スイッチ ベンダーとストレージ システムでのFC構成のサポート内容によって異なります。

ホップ数とは、イニシエータ(ホスト)とターゲット(ストレージ システム)の間にあるスイッチ数です。Ciscoでは、この値のことを「SANファブリックの直径」とも呼んでいます。

スイッチ ベンダー サポートされるホップ数
Brocade FCの場合は7

FCoEの場合は5

Cisco FCの場合は7

うち最大3つをFCoEスイッチにすることができます。