シングルノードを使用するFCおよびFC-NVMe SANホストの構成方法

シングルノードのFCおよびFC-NVMe SANホストは、1つ以上のファブリック経由で接続するように構成できます。N-Port ID Virtualization(NPIV;NポートID仮想化)が必要で、ファブリック内のすべてのFCスイッチで有効にする必要があります。FCまたはFC-NVMe SANホストをFCスイッチを使用せずにシングルノードに直接接続することはできません。

シングルノードのFCまたはFC-NVMe SANホストは、単一ファブリックまたはマルチファブリックを使用して構成できます。次の図のFCターゲット ポート(0a、0c、0b、0d)は一例です。実際のポート番号は、使用しているストレージ ノードのモデル、および拡張アダプタを使用しているかどうかによって異なります。

単一ファブリックのシングルノード構成

単一ファブリックのシングルノード構成では、1つのノードを1台のスイッチで1つまたは複数のホストに接続します。スイッチが1台しかないため、この構成では完全な冗長性は確保されません。単一ファブリックのシングルノード構成は、FCとFC-NVMeをサポートするすべてのハードウェア プラットフォームでサポートされます。ただし、FAS2240プラットフォームでは、単一ファブリックのシングルノード構成をサポートするためにX1150A-R6拡張アダプタが必要になります。

次の図は、FAS2240の単一ファブリックのシングルノード構成を示しています。これはFAS2240-2の場合の例を示しており、ストレージ コントローラは左右に並べて取り付けられます。FAS2240-4では、コントローラは上下に並べて取り付けられます。どちらのモデルでもSANの構成は同じです。



マルチファブリックのシングルノード構成

マルチファブリックのシングルノード構成では、1つのノードを複数のスイッチで1つまたは複数のホストに接続します。次の図は、マルチファブリックのシングルノード構成を示しています。わかりやすいように、この図ではファブリックが2つだけになっていますが、マルチファブリック構成は2つ以上の任意の数のファブリックで構成できます。この図では、上のシャーシにストレージ コントローラが取り付けられています。下のシャーシは、この例のように空けておくか、IOMXモジュールを使用したりできます。