ホストでのマルチパスのサポート

ONTAPでは、FCとiSCSIのどちらのパスにも必ずAsymmetric Logical Unit Access(ALUA)が使用されます。FCプロトコルとiSCSIプロトコルに対してALUAをサポートするホスト構成を使用してください。

ONTAP 9.5以降では、Asynchronous Namespace Access(ANA)を使用するNVMe構成で、マルチパスHAペアのフェイルオーバー / ギブバックがサポートされます。ONTAP 9.4では、NVMeでサポートされるホストからターゲットへのパスは1つだけです。ハイアベイラビリティ(HA)パートナーへのパスのフェイルオーバーは、アプリケーション ホストが実施する必要があります。

ALUAまたはANAをサポートする具体的なホスト構成については、Interoperability Matrixおよびお使いのホスト オペレーティング システムに対応するHost UtilitiesのInstallation and Setup Guideを参照してください。