7-ModeからONTAPへのFLIでサポートされる構成

最終的に移行するホストOS、HBA、スイッチ、およびONTAPアレイがサポートされていることを確認することが重要です。

FLIの7-ModeからONTAPへの移行ワークフローを使用する場合、ソース(7-Modeコントローラ)についてFlexArrayのIMTで確認する必要はありません。リストには記載されていませんが、この移行ワークフローに対して明示的にサポートされています。ただし、この場合もすべてのホストがサポート対象の構成に含まれていることを確認する必要があります。

プラットフォームに関してFLI固有の要件はありません。7-Mode Data ONTAPのバージョンについても、Fibre Channelプロトコル(FCP)をサポートしていれば、最小バージョンの要件はありません。

FLIでインポートできるLUNの最大サイズは6TBです。これは、ONTAPで現在サポートされているドライブの最大サイズに基づく制限です。これよりも大きい外部LUNをマウントしようとすると、LUNが破損としてマークされ、ラベルを書き込むことができなくなります。