ダウングレード前のバックエンド構成のエラーの確認

アレイLUNを使用するストレージ システムを以前のリリースのONTAPにダウングレードする場合は、事前にstorage errors showコマンドを実行して、バックエンド構成にエラーがないかどうかを確認する必要があります。

手順

  1. ONTAPとバックエンドのストレージ アレイの適切な連携に支障を及ぼすエラーが発生していないかどうかを確認します。storage array config show
    • 出力にstorage errors showコマンドを実行するよう促す指示が表示されない場合はエラーが発生していないので、ダウングレードを実行できます。
    • 出力にstorage errors showコマンドを実行するよう促す指示が表示される場合は、以下の手順に従います。
  2. アレイLUNレベルのエラーに関する詳細を取得します。storage errors show
    cluster1::> storage errors show
    DGC_RAID5_1
    ----------
    NAME (Serial #):  This Array LUN is only available on one path.  Proper configuration requires two paths.
    
  3. storage errors showコマンドで表示された問題を解決してから、システムをダウングレードします。
    storage errors showの出力に表示されるエラーとその解決方法については、FlexArray仮想化 インストール要件およびリファレンス ガイドで説明しています。