重複排除機能が有効なボリュームとアグリゲートに十分な空きスペースがあるかどうかの確認

ONTAPをアップグレードする前に、重複排除機能が有効なボリュームとそのボリュームを含むアグリゲートに重複排除メタデータ用の十分な空きスペースがあるかどうかを確認する必要があります。空きスペースが不足している場合は、ONTAPのアップグレードが完了したときに重複排除機能が無効になります。

タスク概要

重複排除機能が有効な各ボリュームには4%以上の空きスペースが必要です。重複排除機能が有効なボリュームを含む各アグリゲートには3%以上の空きスペースが必要です。

手順

  1. 重複排除機能が有効なボリュームを特定します。volume efficiency show
  2. 特定した各ボリューム上の空きスペースを確認します。vol show -vserver Vserver_name -volume volume_name -fields volume, size, used, available, percent-used, junction-path
    重複排除機能が有効な各ボリュームの使用容量が96%を超えないようにしてください。必要に応じて、この容量を超えたボリュームのサイズを拡張できます。

    論理ストレージ管理

    次の例では、percent-usedフィールドに、重複排除機能が有効なボリュームの使用済みスペースの割合が表示されています。
    vserver    volume size    junction-path available used   percent-used 
    ----------- ------ ------- -------------
    cluster1-01 vol0   22.99GB -             14.11GB      7.73GB 35%
    cluster1-02 vol0   22.99GB -             12.97GB      8.87GB    40%
    2 entries were displayed.
    
  3. 重複排除機能が有効なボリュームを含む各アグリゲートの空きスペースを確認します。aggr show -aggregate aggregate_name -fields aggregate, size, usedsize, availsize, percent-used
    各アグリゲートの使用容量が97%を超えないようにしてください。必要に応じて、この容量を超えたアグリゲートのサイズを拡張できます。

    ディスクおよびアグリゲートの管理

    次の例では、percent-usedフィールドに、重複排除機能が有効なボリュームを含むアグリゲート(aggr_2)の使用済みスペースの割合が表示されています。
    aggr show -aggregate aggregate_name -fields aggregate,size,usedsize,availsize,percent-used
    aggregate         availsize percent-used size    usedsize
    ----------------- --------- ------------    ------- --------
    aggr0_cluster1_01    1.11GB    95%          24.30GB 23.19GB
    aggr0_cluster1_02 1022MB    96%          24.30GB    23.30GB
    2 entries were displayed.