CLIを使用した自動無停止アップグレードの実行

CLI(コマンドライン インターフェイス)を使用して、クラスタを無停止でアップグレードできることを確認し、各ノードにターゲットのONTAPイメージをインストールし、その後バックグラウンドでアップグレードを実行することができます。

開始する前に

タスク概要

cluster image validateコマンドでは、クラスタ コンポーネントがチェックされ、アップグレードを無停止で完了できるかどうかが検証されます。その後、各検証チェックのステータスと、ソフトウェア アップグレードの実行前に実施する必要があるアクションがある場合はそれも一緒に表示されます。

手順

  1. 以前のONTAPソフトウェア パッケージを削除します。cluster image package delete -version previous_ONTAP_Version
  2. ターゲットのONTAPソフトウェア パッケージをダウンロードします。cluster image package get -url location
    注: ONTAP 9.3から9.7にアップグレードする場合は、最初にONTAP 9.5のソフトウェア パッケージをダウンロードし、次に同じコマンドを使用して9.7のソフトウェア パッケージをダウンロードします。
    cluster1::> cluster image package get -url http://www.example.com/software/9.7/image.tgz
    
    Package download completed.
    Package processing completed.
  3. ソフトウェア パッケージがクラスタ パッケージ リポジトリにあることを確認します。cluster image package show-repository
    cluster1::> cluster image package show-repository
    Package Version  Package Build Time
    ---------------- ------------------
    9.7              MM/DD/YYYY 10:32:15
  4. クラスタを無停止でアップグレードする準備が完了していることを確認します。cluster image validate -version package_version_number
    • 2ノードまたは4ノードのMetroCluster構成をアップグレードしている場合は、続行する前にこのコマンドをすべてのノードで実行する必要があります。
    • ONTAP 9.3から9.7にアップグレードする場合は、9.7のパッケージを使用して検証します。9.5のパッケージを別途検証する必要はありません。
    cluster1::> cluster image validate -version 9.7
    
    WARNING: There are additional manual upgrade validation checks that must be performed after these automated validation checks have completed...
  5. 検証の進捗を監視します。cluster image show-update-progress
  6. 検証で特定された必要なアクションをすべて完了します。
  7. 必須: ソフトウェア アップグレードの見積もりを生成します。cluster image update -version package_version_number -estimate-only
    ソフトウェア アップグレードの見積もりには、更新対象の各コンポーネントの詳細とアップグレードの推定期間が表示されます。
  8. ソフトウェアのアップグレードを実行します。cluster image update -version package_version_number
    • ONTAP 9.3から9.7にアップグレードする場合は、上記のコマンドで9.7のpackage_version_numberを使用します。自動アップグレード プロセスは、9.5のイメージをバックグラウンドで使用して9.7への更新を完了します。9.5にアップグレードしてから9.7に別々にアップグレードする必要はありません。
    • クラスタが2~6つのノードで構成されている場合は、ローリング アップグレードが実行されます。クラスタが8つ以上のノードで構成されている場合は、バッチ アップグレードがデフォルトで実行されます。必要に応じて、-force-rollingパラメータを使用して、代わりにローリング アップグレードを行うように指定できます。
    • テイクオーバーとギブバックがそれぞれ完了したら、テイクオーバーとギブバックの際に発生するI/Oの中断からクライアント アプリケーションが回復できるように8分間待機します。クライアントが安定するために必要な時間を調整する必要がある場合は、-stabilize-minutesパラメータを使用して待機時間を変更できます。
    cluster1::> cluster image update -version 9.7
    
    Starting validation for this update. Please wait..
    
    It can take several minutes to complete validation...
    
    WARNING: There are additional manual upgrade validation checks...
    
    Pre-update Check      Status     Error-Action
    --------------------- ---------- --------------------------------------------
    ...
    20 entries were displayed
    
    Would you like to proceed with update ? {y|n}: y
    Starting update...
    
    cluster-1::>
    
  9. クラスタの更新の進捗を表示します。cluster image show-update-progress
    注: 4ノードまたは8ノードのMetroCluster構成をアップグレードしている場合は、cluster image show-update-progressコマンドを実行しているノードの進捗のみが表示されます。個々のノードの進捗を確認するには、各ノードでこのコマンドを実行する必要があります。
  10. 各ノードでアップグレードが正常に完了したことを確認します。
    cluster1::> cluster image show-update-progress
    
                                                 Estimated         Elapsed
    Update Phase         Status                   Duration        Duration
    -------------------- ----------------- --------------- ---------------
    Pre-update checks    completed                00:10:00        00:02:07
    Data ONTAP updates   completed                01:31:00        01:39:00
    Post-update checks   completed                00:10:00        00:02:00
    3 entries were displayed.
    
    Updated nodes: node0, node1.
    
    cluster1::>
  11. autosupport invoke -node * -type all -message "Finishing_NDU"AutoSupport通知を送信します。
    AutoSupportメッセージを送信するようにクラスタが設定されていない場合は、通知のコピーがローカルに保存されます。