HAステータスの確認

無停止アップグレードを実行する前に、各HAペアでストレージ フェイルオーバーが有効になっていることを確認する必要があります。クラスタが2つのノードだけで構成されている場合は、クラスタHAが有効になっているかどうかも確認してください。

タスク概要

停止を伴うアップグレードを実行する場合、HAステータスを確認する必要はありません。このアップグレード方式ではストレージ フェイルオーバーが不要なためです。

手順

  1. ストレージ フェイルオーバーが有効になっていて、各HAペアで実行可能であることを確認します。storage failover show
    次の例では、node0とnode1でストレージ フェイルオーバーが有効かつ実行可能な状態になっています。
    cluster1::> storage failover show
                                  Takeover
    Node           Partner        Possible State
    -------------- -------------- -------- -------------------------------------
    node0          node1          true     Connected to node1
    node1          node0          true     Connected to node0
    2 entries were displayed.
    
    必要に応じて、storage failover modifyコマンドを使用してストレージ フェイルオーバーを有効にできます。
  2. クラスタが2つのノードだけ(1つのHAペア)で構成されている場合は、クラスタHAが構成されていることを確認します。cluster ha show
    次の例では、クラスタHAが構成されています。
    cluster1::> cluster ha show
    High Availability Configured: true
    必要に応じて、cluster ha modifyコマンドを使用してクラスタHAを有効にできます。