ボリューム効率化処理の手動管理

効率化処理を手動で実行することで、FlexVolまたはInfinite Volumeに対する効率化処理の実行方法を管理できます。

また、次の条件に基づいて効率化処理の実行方法を管理することもできます。

volume efficiency showコマンドで-fieldsオプションの値にscheduleを使用すると、ボリュームに割り当てられているスケジュールを表示できます。