ボリューム効率化ポリシーの割り当て解除

ボリュームからボリューム効率化ポリシーの割り当てを解除して、そのボリュームに対してスケジュールされている以降の重複排除またはデータ圧縮処理を中止できます。割り当てを解除したボリューム効率化ポリシーは手動で開始する必要があります。

手順

volume efficiency modifyコマンドを使用して、ボリュームからボリューム効率化ポリシーの割り当てを解除します。

次のコマンドを実行すると、ボリュームVolAからボリューム効率化ポリシーの割り当てが解除されます。volume efficiency modify -vserver vs1 -volume VolA -policy -