チェックポイントを使用した効率化処理の再開

チェックポイントは、効率化処理の実行プロセスを記録するために内部的に使用されます。何らかの理由(システムの停止、システムの中断、リブート、前回の効率化処理の失敗や停止など)で効率化処理が停止した場合、チェックポイント データがあれば最新のチェックポイント ファイルから効率化処理を再開できます。

Infinite Volumeの場合、チェックポイントはデータ コンスティチュエントごとに作成されます。Infinite Volumeのチェックポイントは表示できませんが、処理は再開できます。

チェックポイントは次のタイミングで作成されます。