クォータ通知の概要

クォータ通知はEvent Management System(EMS;イベント管理システム)に送信されるメッセージであり、SNMPトラップとしても設定されます。

通知は次のイベントに対応して送信されます。

しきい値は他のソフト クォータとは若干異なります。通知はしきい値を超過したときにのみトリガーされ、超過しなくなったときにはトリガーされません。

ハード クォータ通知はvolume quota modifyコマンドを使用して設定できます。不必要なメッセージが送信されるのを防ぐため、通知を完全に無効にしたり、頻度を変更したりすることもできます。

ソフト クォータ通知は不必要なメッセージが生成される可能性が低く、通知が唯一の目的であるため、設定できません。

次の表に、クォータがEMSシステムに送信するイベントを示します。

状況 EMSに送信されるイベント
ツリー クォータのハード リミットに達した wafl.quota.qtree.exceeded
ボリューム上のユーザ クォータのハード リミットに達した wafl.quota.user.exceeded(UNIXユーザの場合)

wafl.quota.user.exceeded.win(Windowsユーザの場合)

qtree上のユーザ クォータのハード リミットに達した wafl.quota.userQtree.exceeded(UNIXユーザの場合)

wafl.quota.userQtree.exceeded.win(Windowsユーザの場合)

ボリューム上のグループ クォータのハード リミットに達した wafl.quota.group.exceeded
qtree上のグループ クォータのハード リミットに達した wafl.quota.groupQtree.exceeded
ソフト リミットを超過した(しきい値の場合を含む) quota.softlimit.exceeded
ソフト リミットを超過しなくなった quota.softlimit.normal

次の表に、クォータが生成するSNMPトラップを示します。

状況 送信されるSNMPトラップ
ハード リミットに達した quotaExceeded
ソフト リミットを超過した(しきい値の場合を含む) quotaExceededおよびsoftQuotaExceeded
ソフト リミットを超過しなくなった quotaNormalおよびsoftQuotaNormal
注: 通知には、qtree名ではなくqtreeのID番号が含まれます。volume qtree show -idコマンドを使用すると、qtree名とID番号を関連付けることができます。