フラクショナル リザーブの設定に関する考慮事項

フラクショナル リザーブ(LUNオーバーライト リザーブ)では、FlexVolのスペース リザーブLUNおよびスペース リザーブ ファイルのオーバーライト リザーブを無効にすることができます。これはストレージ利用率を最大限にするのには効果的ですが、スペース不足による書き込みエラーが悪影響を及ぼす環境では、この設定を利用する場合の要件を確認しておく必要があります。

フラクショナル リザーブ設定はパーセンテージで表され、有効な値は0100パーセントです。フラクショナル リザーブ設定はボリュームの属性です。

フラクショナル リザーブを0に設定すると、ストレージ利用率が向上します。ただし、ボリュームの空きスペースがなくなると、ボリューム ギャランティがvolumeに設定されていても、ボリュームに格納されたデータにアクセスするアプリケーションがデータを利用できなくなることがあります。ボリュームが適切に設定および使用されていれば、書き込みが失敗する可能性を最小限に抑えることができます。次の要件がすべて満たされている場合、ONTAPは、フラクショナル リザーブが0に設定されたボリュームでベスト エフォートの書き込み保証を提供します。

変更率が高いと、上記の必要な設定をすべて行っていても、まれにSnapshotコピーの自動削除が追いつかなくなり、ボリュームのスペースが不足することがあります。

また、必要に応じてボリュームの自動拡張機能を使用することで、ボリュームのSnapshotコピーの自動削除が発生する可能性を抑えることができます。自動拡張機能を有効にする場合は、関連付けられたアグリゲートの空きスペースを監視する必要があります。アグリゲートの空きスペースがなくなり、ボリュームを拡張できなくなると、ボリュームの空きスペースがなくなったときに削除されるSnapshotコピーが増える可能性があります。

上記のすべての設定要件を満たしていない場合、ボリュームがスペース不足にならないようにするには、ボリュームのフラクショナル リザーブ設定を100に設定する必要があります。これにより、事前に確保する必要がある空きスペースは増えますが、上記のテクノロジを使用する場合でもデータ変更処理が確実に実行されるようになります。

フラクショナル リザーブ設定のデフォルト値と有効値は、ボリュームのギャランティによって異なります。

ボリューム ギャランティ デフォルトのフラクショナル リザーブ 有効な値
ボリューム 100 0、100
なし 0 0、100