Snapshotコピーの自動削除

SnapshotコピーとFlexClone LUNの自動削除ポリシーを定義して有効にすることができます。SnapshotコピーとFlexClone LUNの自動削除はスペース使用の管理に役立ちます。

タスク概要

読み書き可能なボリュームのSnapshotコピーと読み書き可能な親ボリュームのFlexClone LUNについて、自動的に削除されるように設定できます。Infinite Volumeや読み取り専用のボリューム(SnapMirrorデスティネーション ボリュームなど)のSnapshotコピーについては、自動削除は設定できません。

手順

volume snapshot autodelete modifyコマンドを使用して、Snapshotコピーの自動削除ポリシーを定義して有効にします。
このコマンドのパラメータについては、volume snapshot autodelete modifyのマニュアル ページを参照してください。各種のパラメータを使用して、要件に合わせてポリシーを定義できます。
次に、Storage Virtual Machine(SVM)vs0.example.comに属するボリュームvol3に対して、Snapshotコピーの自動削除を有効にするコマンドを示します。このコマンドでは、triggerをsnap_reserveに設定しています。
cluster1::> volume snapshot autodelete modify -vserver vs0.example.com 
-volume vol3 -enabled true -trigger snap_reserve
次に、Storage Virtual Machine(SVM)vs0.example.comに属するボリュームvol3に対して、Snapshotコピーと対象としてマークされたFlexClone LUNの自動削除を有効にするコマンドを示します。
cluster1::> volume snapshot autodelete modify -vserver vs0.example.com 
-volume vol3 -enabled true -trigger volume -commitment try -delete-order 
oldest_first -destroy-list lun_clone,file_clone
注: アグリゲートレベルのSnapshotコピーの機能は、ボリュームレベルのSnapshotコピーとは異なり、また、ONTAPによって自動的に管理されます。アグリゲートSnapshotコピーを削除するオプションは常に有効になっており、スペース使用の管理に役立ちます。

triggerパラメータがsnap_reserveに設定されているアグリゲートの場合、Snapshotコピーは、リザーブされているスペースが容量のしきい値を超えるまで維持されます。Snapshotコピーは自動的に削除されるため、triggerパラメータがsnap_reserveに設定されていない場合であっても、コマンド内でSnapshotコピーによって使用されるスペースは0と表示されます。また、アグリゲートでSnapshotコピーによって使用されるスペースは空きスペースと判断され、コマンドの使用可能なスペースのパラメータに含まれます。