NFSボリュームのリホスト

NFSプロトコル経由でデータを提供するボリュームをリホストできます。NFSボリュームのリホスト後、引き続きNFSプロトコル経由でデータに継続的にアクセスするためには、ボリュームをホストするSVMのエクスポート ポリシーに関連付けて、ポリシーと関連ルールを手動で設定する必要があります。

開始する前に

タスク概要

手順

  1. ボリュームのリホスト処理が失敗した場合にNFSポリシーの情報が失われないように、NFSエクスポート ポリシーに関する情報を記録します。
  2. 親ボリュームからボリュームをアンマウントします。volume unmount
  3. advanced権限レベルに切り替えます。set -privilege advanced
  4. デスティネーションSVMでボリュームをリホストします。volume rehost -vserver source_svm -volume vol_name -destination-vserver destination_svm
    デスティネーションSVMのデフォルトのエクスポート ポリシーがリホストしたボリュームに適用されます。
  5. エクスポート ポリシーを作成します。vserver export-policy create
  6. リホストしたボリュームのエクスポート ポリシーをユーザ定義のエクスポート ポリシーに更新します。volume modify
  7. デスティネーションSVMの適切なジャンクション パスにボリュームをマウントします。volume mount
  8. デスティネーションSVMでNFSサービスが実行されていることを確認します。
  9. リホストしたボリュームへのNFSアクセスを再開します。
  10. NFSクライアントのクレデンシャルとLIFの構成を更新して、デスティネーションSVMのLIFを反映させます。
    これは、ボリュームのアクセス パス(LIFとジャンクション パス)が変更されているためです。

終了後の操作

ポリシーおよび関連するルールをリホストしたボリュームに手動で再設定する必要があります。

NFSの簡単な設定