特定のFlexCloneファイルまたはFlexClone LUNに対する自動削除の防止

FlexCloneファイルおよびFlexClone LUNを自動的に削除するようにFlexVolを設定すると、指定した条件を満たすすべてのクローンが自動削除の対象になります。特定のFlexCloneファイルまたはFlexClone LUNを残したい場合は、それらをFlexCloneの自動削除プロセスから除外できます。

開始する前に

FlexCloneライセンスがインストールされている必要があります。

タスク概要

FlexCloneファイルまたはFlexClone LUNを作成すると、クローンの自動削除設定がデフォルトで無効になります。自動削除が無効なFlexCloneファイルおよびFlexClone LUNは、ボリュームのスペースを再生するためにクローンを自動的に削除するようにFlexVolを設定していても保持されます。

注意: ボリュームのcommitmentレベルをtryまたはdisruptに設定した場合、特定のFlexCloneファイルまたはFlexClone LUNの自動削除を個別に無効にしてクローンを保持できます。ただし、ボリュームのcommitmentレベルをdestroyに設定し、削除リストにlun_clone,file_cloneを指定すると、クローン設定よりもボリューム設定が優先され、各クローンの自動削除設定に関係なく、すべてのFlexCloneファイルとFlexClone LUNが削除対象となります。

手順

  1. volume file clone autodeleteコマンドを使用して、特定のFlexCloneファイルまたはFlexClone LUNを自動削除の対象から除外します。
    次の例は、vol1に含まれているFlexClone LUN lun1_cloneの自動削除を無効にする方法を示しています。
    cluster1::> volume file clone autodelete -vserver vs1 -volume vol1 -clone-path lun1_clone -enable false
    自動削除を無効にしたFlexCloneファイルまたはFlexClone LUNは、ボリュームのスペース再生を目的とした自動削除の対象になりません。
  2. volume file clone show-autodeleteコマンドを使用して、FlexCloneファイルまたはFlexClone LUNで自動削除が無効になっていることを確認します。
    次の例では、FlexClone LUN lun1_cloneの自動削除がfalseになっています。
    cluster1::> volume file clone show-autodelete -vserver vs1 -clone-path vol/vol1/lun1_clone               
    															Vserver Name: vs1
    															Clone Path: vol/vol1/lun1_clone
    															Autodelete Enabled: false