複数のIDを持つユーザにクォータを適用する方法

ユーザは複数のIDで表される場合があります。IDのリストをクォータ ターゲットとして指定して、このようなユーザに対して単一のユーザ クォータを設定できます。これらのIDのいずれかによって所有されるファイルには、ユーザ クォータの制限が適用されます。

ユーザがUNIXのUID 20と、Windows IDのcorp\john_smithおよびengineering\jsmithを持っているとします。このユーザに対して、UIDおよびWindows IDのリストをクォータ ターゲットとするクォータを指定できます。このユーザがストレージ システムへ書き込むと、その書き込み元がUID 20、corp\john_smith、あるいはenginieering\jsmithのいずれの場合でも、指定されたクォータが適用されます。

注: 別々のクォータ ファイル エントリは、IDが同じユーザのものである場合でも別のターゲットとみなされます。

たとえば、UID 20とcorp\john_smithが同一のユーザを表す場合でも、UID 20のディスク スペースを1GBに制限するクォータを指定し、corp\john_smithのディスク スペースを2GBに制限する別のクォータを指定できます。ONTAPはUID 20とcorp\john_smithに対して個別にクォータを適用します。

この場合、同一ユーザが使用している他のIDに制限が適用されても、engineering\jsmithには制限が適用されません。