ストレージ効率化情報の表示

システム内のすべてのアグリゲートのストレージ効率化に関する情報を表示するには、storage aggregate show-efficiencyコマンドを使用します。

storage aggregate show-efficiencyコマンドでは、指定するコマンド オプションに応じて3種類のビューを表示できます。

デフォルト ビュー

デフォルト ビューには、各アグリゲートの総削減率が表示されます。

cluster1::> storage aggregate show-efficiency

詳細ビュー

-detailsコマンド オプションを使用して、詳細ビューを表示します。このビューには次の情報が表示されます。
  • 各アグリゲートの総削減率
  • Snapshotコピーを除いた総削減率
  • 次の効率化テクノロジ別の削減率の内訳:ボリュームの重複排除、ボリュームの圧縮、Snapshotコピー、クローン、データ コンパクション、アグリゲートのインライン重複排除

cluster1::> storage aggregate show-efficiency -details

アドバンスト ビュー

アドバンスト ビューは詳細ビューと似ていますが、使用済みの論理容量と物理容量の詳細が表示されます。効率化テクノロジ別に表示されるように拡張されました。

このコマンドは、advanced権限レベルで実行する必要があります。set -privilege advancedコマンドを使用して、advanced権限に切り替えます。

コマンド プロンプトの表示がcluster::*>に切り替わります。

cluster1::> set -privilege advanced

-advancedコマンド オプションを使用して、アドバンスト ビューを表示します。

cluster1::*> storage aggregate show-efficiency -advanced

1つのアグリゲートの削減率だけを表示するには、-aggregate <name>コマンドを使用します。このコマンドはadvanced権限レベルだけでなくadminレベルでも実行できます。

cluster1::> storage aggregate show-efficiency -aggregate aggr1