AFFシステムでのアグリゲートレベルのバックグラウンド重複排除の管理

アグリゲートレベルの重複排除は、同じアグリゲートに属するボリューム間で重複するブロックを排除します。ONTAP 9.3以降のAFFシステムでは、アグリゲートレベルの重複排除をバックグラウンドで実行できます。この機能は、新規に作成したすべてのボリューム、およびボリュームのバックグラウンド重複排除をオンにしてアップグレードしたすべてのボリュームに対してデフォルトで有効になります。

タスク概要

この処理は、変更ログがある程度いっぱいになった時点で自動的にトリガーされます。スケジュールもポリシーも関連付けられません。

ONTAP 9.4以降では、AFFユーザがアグリゲートレベルの重複排除スキャンを実行して、アグリゲート内のボリューム間で既存データの重複を排除することもできます。スキャンを開始するには、storage aggregate efficiency cross-volume-dedupe startコマンドを-scan-old-data=trueオプションを指定して実行します。
cluster-1::> storage aggregate efficiency cross-volume-dedupe start -aggregate aggr1 -scan-old-data true

重複排除スキャンには時間がかかる場合があります。この処理はオフピークの時間帯に実行することを推奨します。

注: アグリゲートレベルのバックグラウンド重複排除は、ボリューム間バックグラウンド重複排除とも呼ばれます。

手順

AFFシステムでアグリゲートレベルのバックグラウンド重複排除を管理します。
状況 使用するコマンド
アグリゲートレベルのバックグラウンド重複排除を有効にする volume efficiency modify -vserver <vserver_name> -volume <vol_name> -cross-volume-background-dedupe true
アグリゲートレベルのバックグラウンド重複排除を無効にする volume efficiency modify -vserver <vserver_name> -volume <vol_name> -cross-volume-background-dedupe false
アグリゲートレベルのバックグラウンド重複排除のステータスを表示する aggregate efficiency cross-volume-dedupe show