Cisco FCスイッチでのEポートの設定

スイッチ間リンク(ISL)を接続するFCスイッチ ポートを設定する必要があります。これらはEポートであり、設定はポートごとに行う必要があります。そのためには、正しいバッファ間クレジット(BBC)数を計算する必要があります。

タスク概要

ファブリック内のすべてのISLを、同じ速度と同じ距離で設定する必要があります。

このタスクはISLポートごとに実行する必要があります。

手順

  1. 次の表を使用して、ポート速度別の、必要な調整済みBBC(1kmあたり)を特定します。
    正しいBBC数は、Adjusted BBCs required(下記の表で特定)に、distance in kilometers between the switchesを掛けて算出します。FC-VIのフレーミング動作に対応するために、1.5の調整係数が必要です。
    速度(Gbps) 1kmあたりの必要なBBC 必要な調整済みBBC(1kmあたりのBBC×1.5)
    1 0.5 0.75
    2 1 1.5
    4 2 3
    8 4 6
    16 8 12
    たとえば、4Gbpsのリンクで30kmの距離に必要なクレジット数を算出するには、次の計算を行います。
    • Speed in Gbps は4。
    • Adjusted BBCs required は3。
    • Distance in kilometers between switches は30km。
    • 3×30 = 90
  2. 次のコマンドを実行して構成モードに切り替えます。config t
  3. 設定するポートを指定します。interface port-name
  4. ポートをシャットダウンします。shutdown
  5. ポートのレート モードをdedicatedに設定します。switchport rate-mode dedicated
  6. ポートの速度を設定します。switchport speed speed
  7. ポートのバッファ間クレジットを設定します。switchport fcrxbbcredit number of buffers
  8. ポートをEモードに設定します。switchport mode E
  9. ポートのトランク モードを有効にします。switchport trunk mode on
  10. ISL仮想ストレージ エリア ネットワーク(VSAN)をトランクに追加します。switchport trunk allowed vsan 10 switchport trunk allowed vsan add 20
  11. このポートをポート チャネル1に追加します。channel-group 1
  12. ファブリック内のパートナー スイッチ上の対応するISLポートに対して、上記の手順を繰り返します。
    次の例は、ポートfc1/41を距離30km、8Gbpsで設定する場合を示しています。
    FC_switch_A_1# conf t
    FC_switch_A_1# shutdown
    FC_switch_A_1# switchport rate-mode dedicated
    FC_switch_A_1# switchport speed 8000
    FC_switch_A_1# switchport fcrxbbcredit 60
    FC_switch_A_1# switchport mode E
    FC_switch_A_1# switchport trunk mode on
    FC_switch_A_1# switchport trunk allowed vsan 10
    FC_switch_A_1# switchport trunk allowed vsan add 20
    FC_switch_A_1# channel-group 1
    fc1/36 added to port-channel 1 and disabled
     
    FC_switch_B_1# conf t
    FC_switch_B_1# shutdown
    FC_switch_B_1# switchport rate-mode dedicated
    FC_switch_B_1# switchport speed 8000
    FC_switch_B_1# switchport fcrxbbcredit 60
    FC_switch_B_1# switchport mode E
    FC_switch_B_1# switchport trunk mode on
    FC_switch_B_1# switchport trunk allowed vsan 10
    FC_switch_B_1# switchport trunk allowed vsan add 20
    FC_switch_B_1# channel-group 1
    fc1/36 added to port-channel 1 and disabled
    
  13. 両方のスイッチで次のコマンドを実行してポートを再起動します。no shutdown
  14. ファブリック内の他のISLポートに対して、上記の手順を繰り返します。
  15. 同じファブリック内の両方のスイッチで、ネイティブVSANをポートチャネル インターフェイスに追加します。interface port-channel number switchport trunk allowed vsan add native_san_id
  16. ポートチャネルの設定を検証します。show interface port-channel number
    ポート チャネルの属性には次の値が表示されます。
    • ポート チャネルの状態はtrunking
    • 管理ポート モードはE、トランク モードはon。
    • 速度はすべてのISLリンク速度の累積値。

      たとえば、2つのISLポートが4Gbpsで動作している場合は8Gbpsです。

    • Trunk vsans (admin allowed and active)には、許可されているすべてのVSANを表示。
    • Trunk vsans (up)には、許可されているすべてのVSANを表示。
    • メンバー リストには、port-channelに追加されたすべてのISLポートを表示。
    • ポートVSANの番号は、ISLを含むVSANと同じ(通常はネイティブのvsan 1)。
    FC_switch_A_1(config-if)# show int port-channel 1
    port-channel 1 is trunking
        Hardware is Fibre Channel
        Port WWN is 24:01:54:7f:ee:e2:8d:a0
        Admin port mode is E, trunk mode is on
        snmp link state traps are enabled
        Port mode is TE
        Port vsan is 1
        Speed is 8 Gbps
        Trunk vsans (admin allowed and active) (1,10,20)
        Trunk vsans (up)                       (1,10,20)
        Trunk vsans (isolated)                 ()
        Trunk vsans (initializing)             ()
        5 minutes input rate 1154832 bits/sec,144354 bytes/sec, 170 frames/sec
        5 minutes output rate 1299152 bits/sec,162394 bytes/sec, 183 frames/sec
          535724861 frames input,1069616011292 bytes
            0 discards,0 errors
            0 invalid CRC/FCS,0 unknown class
            0 too long,0 too short
          572290295 frames output,1144869385204 bytes
            0 discards,0 errors
          5 input OLS,11  LRR,2 NOS,0 loop inits
          14 output OLS,5 LRR, 0 NOS, 0 loop inits
        Member[1] : fc1/36
        Member[2] : fc1/40
        Interface last changed at Thu Oct 16 11:48:00 2014
    
  17. 両方のスイッチでインターフェイス設定を終了します。end
  18. 両方のファブリックで、更新された設定をスタートアップ設定にコピーします。copy running-config startup-config
    FC_switch_A_1(config-if)# end
    FC_switch_A_1# copy running-config startup-config
     
    FC_switch_B_1(config-if)# end
    FC_switch_B_1# copy running-config startup-config
  19. 2つ目のスイッチ ファブリックで、ここまでの手順を繰り返します。