メンテナンス モードでの2ノード構成のディスク割り当ての検証

システムをONTAPで完全にブートする前に、オプションで、メンテナンス モードでブートしてノード上のディスク割り当てを検証することができます。ディスクは、両方のサイトが独自のディスク シェルフを所有してデータを提供し、各ノードおよび各プールのミラー ディスク数が等しい、完全に対称な構成を形成するように割り当てられている必要があります。

開始する前に

システムをメンテナンス モードにする必要があります。

タスク概要

新規で購入したMetroClusterシステムの場合、出荷前にディスク割り当てが完了しています。

次の表は、MetroCluster構成のプール割り当ての例を示しています。ディスクはシェルフ単位でプールに割り当てられます。

ディスク シェルフ(example name サイト 所属ノード 割り当てプール
ディスク シェルフ1(shelf_A_1_1) サイトA ノードA1 プール0
ディスク シェルフ2(shelf_A_1_3)
ディスク シェルフ3(shelf_B_1_1) ノードB1 プール1
ディスク シェルフ4(shelf_B_1_3)
ディスク シェルフ9(shelf_B_1_2) サイトB ノードB1 プール0
ディスク シェルフ10(shelf_B_1_4)
ディスク シェルフ11(shelf_A_1_2) ノードA1 プール1
ディスク シェルフ12(shelf_A_1_4)

構成にDS460Cディスク シェルフが含まれている場合は、それぞれの12ディスク ドロワーについて、次のガイドラインに従ってディスクを手動で割り当てる必要があります。

ドロワーのディスク ノードとプール
1 - 6 ローカル ノードのプール0
7 - 12 DRパートナーのプール1

このディスク割り当てパターンに従うことで、ドロワーがオフラインになった場合のアグリゲートへの影響を最小限に抑えることができます。

手順

  1. 工場出荷状態のシステムの場合は、シェルフの割り当てを確認します。disk show –v
  2. 必要に応じて、disk assignコマンドを使用すると、接続されているディスク シェルフ上のディスクを適切なプールに明示的に割り当てることができます。
    ノードと同じサイトにあるディスク シェルフはプール0に割り当て、パートナー サイトにあるディスク シェルフはプール1に割り当てます。各プールに同じ数のシェルフを割り当てる必要があります。
    1. システムをブートしていない場合は、メンテナンス モードでブートします。
    2. サイトAのノードで、ローカル ディスク シェルフをプール0に、リモート ディスク シェルフをプール1に割り当てます。disk assign -shelf disk_shelf_name -p pool
      ストレージ コントローラnode_A_1にシェルフが4台ある場合は、次のコマンドを実行します。
      
      *> disk assign -shelf shelf_A_1_1 -p 0
      *> disk assign -shelf shelf_A_1_3 -p 0
      
      *> disk assign -shelf shelf_A_1_2 -p 1
      *> disk assign -shelf shelf_A_1_4 -p 1
    3. リモート サイト(サイトB)のノードで、ローカル ディスク シェルフをプール0に、リモート ディスク シェルフをプール1に割り当てます。disk assign -shelf disk_shelf_name -p pool
      ストレージ コントローラnode_B_1にシェルフが4台ある場合は、次のコマンドを実行します。
      
      *> disk assign -shelf shelf_B_1_2   -p 0 
      *> disk assign -shelf shelf_B_1_4  -p 0 
      
      *> disk assign -shelf shelf_B_1_1 -p 1
       *> disk assign -shelf shelf_B_1_3 -p 1
    4. 各ディスクのディスク シェルフIDとベイを表示します。disk show –v