TIゾーニングの削除とIODの設定

スイッチ ファブリックで既存のTIゾーニングを削除し、in-order-delivery(IOD;インオーダー配信)を再設定する必要があります。

手順

  1. ファブリックに設定されているTIゾーンを特定します。zone –-show
    次の例は、ゾーンFCVI_TI_FAB_2を示しています。
    Brocade-6510:admin> zone --show
       Defined TI zone configuration:
       TI Zone Name:   FCVI_TI_FAB_2
       Port List:      1,0; 1,3; 2,0; 2,3
       configured Status: Activated / Failover-Disabled
       Enabled Status: Activated / Failover-Disabled
    
    
  2. TIゾーンを削除します。zone -–delete zone-name
    次の例は、ゾーンFCVI_TI_FAB_2を削除します。
    Brocade-6510:admin> zone --delete FCVI_TI_FAB_2
    
  3. ゾーンが削除されたことを確認します。zone –-show
    次のような出力が表示されます。
    Brocade-6510:admin> zone -–show
    
        Defined TI zone configuration:
        no TI zone configuration defined
    
    
  4. 設定を保存します。cfgsave
  5. インオーダー配信を有効にします。iodset
  6. ポートベースのルーティング ポリシー、高度なパフォーマンス チューニング(APT)ポリシー1を選択します。aptpolicy 1
  7. 動的負荷共有(DLS)を無効にします。dlsreset
  8. 次のコマンドを使用してIOD設定を確認します。iodshow aptpolicydlsshow
    次のような出力が表示されます。
    Brocade-6510:admin> iodshow
    
    IOD is set
    
    Brocade-6510:admin> aptpolicy
     Current Policy: 1
    
     3 : Default Policy
     1: Port Based Routing Policy
     2: Device Based Routing Policy (FICON support only)
     3: Exchange Based Routing Policy
    Brocade-6510:admin> dlsshow
    
    DLS is not set