2ノードMetroCluster構成でのONTAPのセットアップ

2ノードMetroCluster構成では、各クラスタでノードをブートし、クラスタ セットアップ ウィザードを終了し、cluster setupコマンドを使用してノードをシングルノード クラスタに設定する必要があります。

開始する前に

サービス プロセッサが設定されていてはなりません。

タスク概要

このタスクは、ネットアップの標準のストレージを使用した2ノードMetroCluster構成向けのタスクです。

新規で購入したMetroClusterシステムは事前に設定されており、ここで説明する手順を実行する必要はありません。ただし、AutoSupportは設定する必要があります。

このタスクは、MetroCluster構成の両方のクラスタで実行する必要があります。

ONTAPのセットアップに関するその他の一般情報については、ソフトウェア セットアップ ガイドを参照してください。

手順

  1. 第1ノードの電源を投入します。
    注: この手順はディザスタ リカバリ(DR)サイトのノードでも実行する必要があります。
    ノードがブートし、コンソールでクラスタ セットアップ ウィザードが起動されて、AutoSupportが自動的に有効になることを示すメッセージが表示されます。
    Welcome to the cluster setup wizard.
    
    You can enter the following commands at any time:
      "help" or "?" - if you want to have a question clarified,
      "back" - if you want to change previously answered questions, and
      "exit" or "quit" - if you want to quit the cluster setup wizard.
         Any changes you made before quitting will be saved.
    
    You can return to cluster setup at any time by typing "cluster setup".
    To accept a default or omit a question, do not enter a value.
    
    This system will send event messages and periodic reports to NetApp Technical
    Support. To disable this feature, enter
    autosupport modify -support disable
    within 24 hours.
    
    Enabling AutoSupport can significantly speed problem determination and
    resolution, should a problem occur on your system.
    For further information on AutoSupport, see:
    http://support.netapp.com/autosupport/
    
    Type yes to confirm and continue {yes}
  2. CLIを使用してクラスタをセットアップするため、クラスタ セットアップ ウィザードを終了します。exit
    クラスタ セットアップ ウィザードは、ノードのノード管理インターフェイスを設定するために使用できます。
    クラスタ セットアップ ウィザードが終了し、セットアップ タスクが完了していないという警告がログイン プロンプトに表示されます。
    Exiting the cluster setup wizard. Any changes you made have been saved.
    
    
    The cluster administrator's account (username "admin") password is set to the system default.
    
    
    Warning: You have exited the cluster setup wizard before completing all
    of the tasks. The cluster is not configured. You can complete cluster setup by typing
    "cluster setup" in the command line interface.
  3. ユーザ名adminを使用してadminアカウントにログインします。
  4. クラスタ セットアップ ウィザードを開始します。cluster setup
    ::> Welcome to the cluster setup wizard.
    
    You can enter the following commands at any time:
      "help" or "?" - if you want to have a question clarified,
      "back" - if you want to change previously answered questions, and
      "exit" or "quit" - if you want to quit the cluster setup wizard.
         Any changes you made before quitting will be saved.
    
    You can return to cluster setup at any time by typing "cluster setup".
    To accept a default or omit a question, do not enter a value.
    
    This system will send event messages and periodic reports to NetApp Technical
    Support. To disable this feature, enter
    autosupport modify -support disable
    within 24 hours.
    
    Enabling AutoSupport can significantly speed problem determination and
    resolution, should a problem occur on your system.
    For further information on AutoSupport, see:
    http://support.netapp.com/autosupport/
    
    Type yes to confirm and continue {yes}: yes
    
    Enter the node management interface port [e0M]:
    Enter the node management interface IP address [10.101.01.01]:
    
    Enter the node management interface netmask [101.010.101.0]:
    Enter the node management interface default gateway [10.101.01.0]:
    
    
    
    Do you want to create a new cluster or join an existing cluster? {create, join}:
    
    
  5. 新しいクラスタを作成します。create
  6. ノードをシングルノード クラスタとして使用するかどうかを選択します。
    Do you intend for this node to be used as a single node cluster? {yes, no} [yes]:
  7. システムのデフォルト設定を使用する(「yes」)場合はEnterキーを押します。自分で値を設定する場合は、「no」と入力してからEnterキーを押します。
  8. プロンプトに従ってクラスタ セットアップ ウィザードを最後まで実行します。デフォルト値を使用する場合はEnterキーを押し、自分で値を設定する場合は値を入力してからEnterキーを押します。
    デフォルト値は、プラットフォームとネットワークの構成に基づいて自動的に決まります。
  9. クラスタ セットアップ ウィザードが完了したら、次のコマンドを入力して、クラスタがアクティブで、第1ノードが正常であることを確認します。cluster show
    次の例では、第1ノードが含まれるクラスタ(cluster1-01)が正常に機能しており、クラスタへの参加条件を満たしていることを示しています。
    cluster1::> cluster show
    Node                  Health  Eligibility
    --------------------- ------- ------------
    cluster1-01           true    true
    
    管理SVMやノードSVMに対する設定に変更が必要になった場合は、cluster setupコマンドを使用してクラスタ セットアップ ウィザードにアクセスできます。