Brocade FC 7840スイッチでの10Gbps VEポートの設定

ISLに10Gbps VEポート(FCIPを使用)を使用する場合は、各ポートにIPインターフェイスを作成し、FCIPトンネルと各トンネルの回線を設定する必要があります。

タスク概要

この手順は、MetroCluster構成の各スイッチ ファブリックで実行する必要があります。

この手順の例では、2つのBrocade 7840スイッチのIPアドレスを次のように想定しています。

手順

  1. ファブリック内の両方のスイッチに10GbpsポートのIPインターフェイス(ipif)アドレスを作成します。portcfg ipif FC_switch1_name first_port_name create FC_switch1_IP_address netmask netmask_number vlan 2 mtu auto
    次のコマンドは、FC_switch_A_1のポートge2.dp0およびge3.dp0にipifアドレスを作成します。
    portcfg ipif  ge2.dp0 create  10.10.20.71 netmask 255.255.0.0 vlan 2 mtu auto
    portcfg ipif  ge3.dp0 create  10.10.21.71 netmask 255.255.0.0 vlan 2 mtu auto
    
    
    次のコマンドは、FC_switch_B_1のポートge2.dp0およびge3.dp0にipifアドレスを作成します。
    portcfg ipif  ge2.dp0 create  10.10.20.72 netmask 255.255.0.0 vlan 2 mtu auto
    portcfg ipif  ge3.dp0 create  10.10.21.72 netmask 255.255.0.0 vlan 2 mtu auto
  2. 両方のスイッチにipifアドレスが作成されたことを確認します。portshow ipif all
    次のコマンドは、スイッチFC_switch_A_1のipifアドレスを表示します。
    FC_switch_A_1:root> portshow ipif all
    
     Port         IP Address                     / Pfx  MTU   VLAN  Flags
    --------------------------------------------------------------------------------
     ge2.dp0      10.10.20.71                    / 24   AUTO  2     U R M I 
     ge3.dp0      10.10.21.71                    / 20   AUTO  2     U R M I 
     ge10.dp1     10.10.71.10                    / 16   AUTO  2     U R M I 
     ge11.dp1     10.10.71.11                    / 16   AUTO  2     U R M 
    --------------------------------------------------------------------------------
    Flags: U=Up B=Broadcast D=Debug L=Loopback P=Point2Point R=Running I=InUse
           N=NoArp PR=Promisc M=Multicast S=StaticArp LU=LinkUp X=Crossport
    
    
    次のコマンドは、スイッチFC_switch_B_1のipifアドレスを表示します。
    FC_switch_B_1:root> portshow ipif all
    
     Port         IP Address                     / Pfx  MTU   VLAN  Flags
    --------------------------------------------------------------------------------
     ge2.dp0      10.10.20.72                    / 24   AUTO  2     U R M I 
     ge3.dp0      10.10.21.72                    / 20   AUTO  2     U R M I 
     ge10.dp1     10.10.72.10                    / 16   AUTO  2     U R M I 
     ge11.dp1     10.10.72.11                    / 16   AUTO  2     U R M 
    --------------------------------------------------------------------------------
    Flags: U=Up B=Broadcast D=Debug L=Loopback P=Point2Point R=Running I=InUse
           N=NoArp PR=Promisc M=Multicast S=StaticArp LU=LinkUp X=Crossport
    
  3. dp0のポートを使用して、2つのFCIPトンネルのうちの最初のトンネルを作成します。portcfg fciptunnel
    このコマンドは、単一回線のトンネルを作成します。
    次のコマンドは、スイッチFC_switch_A_1にトンネルを作成します。
    portcfg fciptunnel 24 create -S 10.10.20.71  -D 10.10.20.72 -b 10000000 -B 10000000 
    
    次のコマンドは、スイッチFC_switch_B_1にトンネルを作成します。
    portcfg fciptunnel 24 create -S 10.10.20.72  -D 10.10.20.71 -b 10000000 -B 10000000
    
  4. dp1のポートを使用して、2つのFCIPトンネルのうちの2つ目のトンネルを作成します。portcfg fciptunnel
    次のコマンドは、スイッチFC_switch_A_1にトンネルを作成します。
    portcfg fciptunnel 35 create -S 10.10.71.10  -D 10.10.72.10 -b 10000000 -B 10000000 
    
    次のコマンドは、スイッチFC_switch_B_1にトンネルを作成します。
    portcfg fciptunnel 35 create -S 10.10.72.10  -D 10.10.71.10 -b 10000000 -B 10000000
    
  5. FCIPトンネルが作成されたことを確認します。portshow fciptunnel all
    次の例は、トンネルが作成され、回線が稼働していることを示しています。
    FC_switch_B_1:root>  
    
     Tunnel Circuit  OpStatus  Flags    Uptime  TxMBps  RxMBps ConnCnt CommRt Met/G
    --------------------------------------------------------------------------------
     24    -         Up      ---------     2d8m    0.05    0.41   3      -       - 
     35    -         Up      ---------    5m41s    0.03    0.15   1      -       - 
    --------------------------------------------------------------------------------
     Flags (tunnel): i=IPSec f=Fastwrite T=TapePipelining F=FICON r=ReservedBW
                     a=FastDeflate d=Deflate D=AggrDeflate P=Protocol
                     I=IP-Ext
    
    
  6. dp0およびdp1の追加の回線を作成します。
    次のコマンドは、スイッチFC_switch_A_1にdp0の回線を作成します。
    portcfg fcipcircuit 24 create 1 -S 10.10.21.71 -D 10.10.21.72  --min-comm-rate 5000000 --max-comm-rate 5000000
    

    次のコマンドは、スイッチFC_switch_B_1にdp0の回線を作成します。

    portcfg fcipcircuit 24 create 1 -S 10.10.21.72 -D 10.10.21.71  --min-comm-rate 5000000 --max-comm-rate 5000000
    
    次のコマンドは、スイッチFC_switch_A_1にdp1の回線を作成します。
    portcfg fcipcircuit 35 create 3 -S 10.10.71.11 -D 10.10.72.11  --min-comm-rate 5000000 --max-comm-rate 5000000
    

    次のコマンドは、スイッチFC_switch_B_1にdp1の回線を作成します。

    portcfg fcipcircuit 35 create 1 -S 10.10.72.11 -D 10.10.71.11  --min-comm-rate 5000000 --max-comm-rate 5000000
    
  7. すべての回線が作成されたことを確認します。portshow fcipcircuit all
    次のコマンドは、回線とそのステータスを表示します。
    FC_switch_A_1:root> portshow fcipcircuit all
    
     Tunnel Circuit  OpStatus  Flags    Uptime  TxMBps  RxMBps ConnCnt CommRt Met/G
    --------------------------------------------------------------------------------
     24    0 ge2     Up      ---va---4    2d12m    0.02    0.03   3 10000/10000 0/-
     24    1 ge3     Up      ---va---4    2d12m    0.02    0.04   3 10000/10000 0/-
     35    0 ge10    Up      ---va-p-4    9m23s    0.02    0.05   1 10000/10000 0/-
     35    1 ge11    Up      ---va-p-4      35s    0.01    0.02   1  5000/5000  0/-
    --------------------------------------------------------------------------------
     Flags (circuit): h=HA-Configured v=VLAN-Tagged p=PMTU i=IPSec 4=IPv4 6=IPv6
                     ARL a=Auto r=Reset s=StepDown t=TimedStepDown  S=SLA