IOM6またはIOM3モジュールを使用したFibreBridge 7600N / 7500Nブリッジとシェルフのケーブル接続

ブリッジを設定したら、新しいシステムのケーブル接続を開始できます。FibreBridge 7600N / 7500NブリッジはMini-SASコネクタを使用し、IOM6またはIOM3モジュールを使用するシェルフをサポートします。

タスク概要

IOM3モジュールはFibreBridge 7600Nブリッジではサポートされていません。

ディスク シェルフの場合は、SASケーブルのコネクタをプルタブ(コネクタの下側)を下にして挿入します。

手順

  1. 各スタックのシェルフをデイジーチェーン接続します。
    1. 最初のシェルフ スタックで、最初のシェルフのIOM Aの四角いポートをFibreBridge AのSASポートAにケーブル接続します。
    2. 最初のシェルフ スタックで、最後のシェルフのIOM Bの丸いポートを、FibreBridge BのSASポートAにケーブル接続します。
    シェルフのデイジーチェーン接続の詳細については、使用しているシェルフ モデルのInstallation and Service Guideを参照してください。

    SAS Disk Shelves Installation and Service Guide for DS4243, DS2246, DS4486, and DS4246

    次の図は、1組のブリッジが1つのシェルフ スタックにケーブル接続された状態を示しています。



  2. 残りのシェルフ スタックについて、FibreBridgeブリッジの次に使用可能なSASポートを使用して同じ手順を繰り返します。2番目のスタックにはポートB、3番目のスタックにはポートC、4番目のスタックにはポートDを使用します。
    次の図は、1組のFibreBridge 7600N / 7500Nブリッジに4つのスタックが接続された状態を示しています。