ONTAPシステムで使用するストレージ アレイの準備

アレイLUNを使用するMetroCluster構成でONTAPシステムの設定を開始するには、ONTAPで使用するストレージをストレージ アレイ管理者が準備する必要があります。

開始する前に

構成で使用するストレージ アレイ、ファームウェア、およびスイッチがONTAPの特定のバージョンでサポートされている必要があります。
  • NetApp Interoperability

    IMTでは、[Storage Solution]フィールドを使用してMetroClusterソリューションを選択できます。[Component Explorer]でコンポーネントとONTAPのバージョンを選択し、検索を絞り込みます。[Show Results]をクリックし、サポートされる構成のうち、条件に該当する構成のリストを表示します。

  • NetApp Hardware Universe

タスク概要

このタスクは、ストレージ アレイ管理者と協力してストレージ アレイで実行する必要があります。

手順

  1. MetroCluster構成のノード数に応じて、ストレージ アレイ上にLUNを必要な数だけ作成します。
    MetroCluster構成の各ノードに、ルート アグリゲート用、データ アグリゲート用、およびスペア用のアレイLUNがそれぞれ必要です。
  2. ONTAPと連携するために必要なストレージ アレイのパラメータを設定します。