プール1のディスクの手動割り当て(ONTAP 9.3)

各ノードにディスク シェルフが複数ある場合は、ONTAPの自動割り当て機能を使用してリモート(プール1)のディスクを自動的に割り当てます。最初に、シェルフのディスクを1つプール1に割り当てる必要があります。シェルフの残りのディスクはその後同じプールに自動的に割り当てられます。

タスク概要

この手順は、ONTAP 9.3を実行している構成に該当します。

この手順は、各ノードに複数のディスク シェルフがあり、シェルフ レベルのディスクの自動割り当てが可能な場合にのみ使用できます。

シェルフ レベルの自動割り当てを使用できない場合は、リモート ディスクを手動で割り当てて、各ノードでディスクのリモート プール(プール1)を構成する必要があります。

ONTAPの自動ディスク割り当て機能は、シェルフごとにディスクを割り当てます。次に例を示します。

各シェルフでディスクを1つ指定して、自動割り当てを「開始」する必要があります。

手順

MetroCluster IP構成の各ノードで、リモート ディスクを1つプール1に割り当てます。
  1. 未割り当てディスクのリストを表示します。disk show -host-adapter 0m -container-type unassigned
    cluster_A::> disk show -host-adapter 0m -container-type unassigned
                         Usable           Disk    Container   Container
    Disk                   Size Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
    ---------------- ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    6.23.0                    -    23   0 SSD     unassigned  -         -
    6.23.1                    -    23   1 SSD     unassigned  -         -
    .
    .
    .
    node_A_2:0m.i1.2L51       -    21  14 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.2L64       -    21  10 SSD     unassigned  -         -
    .
    .
    .
    48 entries were displayed.
    
    cluster_A::>  
  2. リモート ディスク(0m)を選択し、ディスクの所有権を最初のノード(例:node_A_1)のプール1に割り当てます。disk assign -disk disk-id -pool 1 -owner owner-node-name
    disk-idには、owner-node-nameのリモート シェルフのディスクを指定する必要があります。
    ONTAPのディスクの自動割り当て機能により、指定したディスクを含むリモート シェルフのすべてのディスクが割り当てられます。
  3. ディスクの自動割り当てが完了するまで少なくとも60秒待ってから、シェルフのリモート ディスクがプール1に自動的に割り当てられたことを確認します。disk show -host-adapter 0m -container-type unassigned
    注: リモート ディスクへのアクセスに使用されるiSCSI接続は、デバイス「0m」と表示されます。
    次の出力では、シェルフ23のディスクが割り当てられ、表示されていません。
    cluster_A::> disk show -host-adapter 0m -container-type unassigned
                         Usable           Disk    Container   Container
    Disk                   Size Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
    ---------------- ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    node_A_2:0m.i1.2L51       -    21  14 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.2L64       -    21  10 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.2L72       -    21  23 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.2L74       -    21   1 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.2L83       -    21  22 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.2L90       -    21   7 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L52       -    21   6 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L59       -    21  13 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L66       -    21  17 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L73       -    21  12 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L80       -    21   5 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L81       -    21   2 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L82       -    21  16 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L91       -    21   3 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.0L49       -    21  15 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.0L50       -    21   4 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L57       -    21  18 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L58       -    21  11 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L59       -    21  21 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L65       -    21  20 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L72       -    21   9 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L80       -    21   0 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L88       -    21   8 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L90       -    21  19 SSD     unassigned  -         -
    24 entries were displayed. 
    
    cluster_A::> 
  4. 同じ手順を繰り返して、サイトAの2つ目のノード(例:node_A_2)にプール1のディスクを割り当てます。
  5. サイトBで同じ手順を繰り返します。