NVFAILを使用したファイルシステム整合性の監視および保護

ONTAPでは、volume modifyコマンドの-nvfailパラメータによって、システム起動時またはスイッチオーバー処理後のNVRAM(不揮発性RAM)の不整合を検出できます。また、警告を表示して、ボリュームが手動でリカバリできるようになるまでデータのアクセスと変更ができないようにシステムを保護します。

ONTAPが何らかの問題を検出すると、データベース インスタンスまたはファイルシステム インスタンスは応答を停止するか、シャットダウンされます。ONTAPはコンソールにエラー メッセージを送信して、データベースまたはファイルシステムの状態をチェックするようユーザに警告します。NVFAILを有効にすると、データベースの有効性を侵害する可能性のある、クラスタ化されたノード間でのNVRAMの不整合をデータベース管理者に警告できます。

フェイルオーバーまたはブート リカバリのあとは、NVFAIL状態が解消されるまでNFSクライアントはどのノードからもデータにアクセスできません。CIFSクライアントには影響はありません。