設置の準備

新しいMetroClusterシステムで使用するブリッジの設置を準備する際には、システムが一定の要件を満たしていることを確認する必要があります。これには、ブリッジのセットアップや構成の要件と、 必要なドキュメント、ATTO QuickNAVユーティリティ、ブリッジ ファームウェアのダウンロードなどがあります。

開始する前に

手順

  1. 使用しているディスク シェルフ モデルのInstallation and Service Guideをダウンロードします。
  2. FibreBridgeのモデルに対応するリンクを使用してATTOのWebサイトにアクセスし、マニュアルとQuickNAVユーティリティをダウンロードします。
    注: 管理インターフェイスの詳細については、ご使用のモデル ブリッジに対応したATTO FibreBridge Installation and Operation Manualを参照してください。

    ATTO Webサイトにあるこのドキュメントおよびその他のコンテンツには、ATTO Fibrebridgeの[説明]ページにあるリンクからアクセスできます。

    ネットアップのダウンロード:ATTO FibreBridge 7600N

    ネットアップのダウンロード:ATTO FibreBridge 7500N

    ネットアップのダウンロード:ATTO FibreBridge 6500N

  3. 推奨されるブリッジ管理インターフェイス、ATTO ExpressNAV GUIおよびATTO QuickNAVユーティリティを使用するために必要なハードウェアおよび情報を収集します。
    1. デフォルト以外のユーザ名とパスワードを決定します(ブリッジへのアクセス用)。
      デフォルトのユーザ名とパスワードは変更してください。
    2. ブリッジのIP管理を設定する場合は、ブリッジに付属のシールド付きイーサネット ケーブルが必要です(ブリッジのイーサネット管理1ポートとネットワークの接続に使用)。
    3. ブリッジのIP管理を設定する場合は、各ブリッジのイーサネット管理1ポートのIPアドレス、サブネット マスク、およびゲートウェイの情報が必要です。
    4. セットアップに使用するコンピュータでVPNクライアントを無効にします。
      アクティブなVPNクライアントがあると、ブリッジのQuickNAVスキャンが失敗します。