修復と手動スイッチバックの検証

修復と手動スイッチバックの処理のテストとして、ネゴシエート スイッチオーバー後にクラスタを元のデータセンターに戻してデータ可用性に影響がないことを検証できます(SMBおよびSolaris FC構成を除く)。

タスク概要

このテストには約30分かかります。

この手順では、想定される結果として、サービスがホーム ノードに戻ることを確認します。

手順

  1. 修復が完了したことを確認します。metrocluster node show
    次に、コマンドが正常に完了した例を示します。
    cluster_A::> metrocluster node show
    DR                               Configuration  DR
    Group Cluster Node               State          Mirroring Mode
    ----- ------- ------------------ -------------- --------- --------------------
    1     cluster_A
                  node_A_1         configured     enabled   heal roots completed
          cluster_B
                  node_B_2         unreachable    -         switched over
    42 entries were displayed.metrocluster operation show
    
  2. すべてのアグリゲートがミラーされたことを確認します。storage aggregate show
    次の例では、すべてのアグリゲートのRAIDステータスがmirroredになっています。
    cluster_A::> storage aggregate show
    cluster Aggregates:
    Aggregate Size     Available Used% State   #Vols  Nodes       RAID Status
    --------- -------- --------- ----- ------- ------ ----------- ------------
    data_cluster
                4.19TB    4.13TB    2% online       8 node_A_1    raid_dp,
                                                                  mirrored,
                                                                  normal
    root_cluster
               715.5GB   212.7GB   70% online       1 node_A_1    raid4,
                                                                  mirrored,
                                                                  normal
    cluster_B Switched Over Aggregates:
    Aggregate Size     Available Used% State   #Vols  Nodes       RAID Status
    --------- -------- --------- ----- ------- ------ ----------- ------------
    data_cluster_B
                4.19TB    4.11TB    2% online       5 node_A_1    raid_dp,
                                                                  mirrored,
                                                                  normal
    root_cluster_B    -         -     - unknown      - node_A_1   -
    
  3. ディザスタ サイトからノードをブートします。
  4. スイッチバック リカバリのステータスを確認します。metrocluster node show
    cluster_A::> metrocluster node show
    DR                               Configuration  DR
    Group Cluster Node               State          Mirroring Mode
    ----- ------- ------------------ -------------- --------- --------------------
    1     cluster_A
                 node_A_1            configured     enabled   heal roots completed
          cluster_B
                 node_B_2            configured     enabled   waiting for switchback
                                                              recovery
    2 entries were displayed.
    
  5. スイッチバックを実行します。metrocluster switchback
    cluster_A::> metrocluster switchback 
    [Job 938] Job succeeded: Switchback is successful.Verify switchback
  6. ノードのステータスを確認します。metrocluster node show
    cluster_A::> metrocluster node show
    DR                               Configuration  DR
    Group Cluster Node               State          Mirroring Mode
    ----- ------- ------------------ -------------- --------- --------------------
    1     cluster_A
                  node_A_1         configured     enabled   normal
          cluster_B
                  node_B_2         configured     enabled   normal
    
    2 entries were displayed.
    
  7. MetroCluster処理のステータスを確認します。metrocluster operation show
    次に、正常に完了した出力の例を示します。
    cluster_A::> metrocluster operation show
      Operation: switchback
          State: successful
     Start Time: 2/6/2016 13:54:25
       End Time: 2/6/2016 13:56:15
         Errors: -