MetroCluster構成でのFabricPool用オブジェクト ストアのセットアップ

ONTAP 9.7以降を実行している場合、MetroCluster構成にミラーリングされたFabricPoolをセットアップして、2つの異なる障害ゾーンにあるオブジェクト ストアにコールド データを階層化できます。

開始する前に

タスク概要

手順

storage object-store config createコマンドを使用して、各MetroClusterサイトのオブジェクト ストア設定情報を指定します。
この例では、MetroCluster構成の一方のクラスタにのみFabricPoolが必要です。オブジェクト ストア バケットごとに1つずつ、計2つのオブジェクト ストア設定をそのクラスタに作成します。
storage aggregate
    object-store config create -object-store-name mcc1-ostore-config-s1 -provider-type SGWS -server
    <SGWS-server-1> -container-name <SGWS-bucket-1> -access-key <key> -secret-password <password> -encrypt
    <true|false> -provider <provider-type> -is-ssl-enabled <true|false> ipspace
    <IPSpace>
storage aggregate object-store config create -object-store-name mcc1-ostore-config-s2
    -provider-type SGWS -server <SGWS-server-2> -container-name <SGWS-bucket-2> -access-key <key> -secret-password <password> -encrypt <true|false> -provider <provider-type>
    -is-ssl-enabled <true|false> ipspace <IPSpace>

この例では、MetroCluster構成のもう一方のクラスタにFabricPoolをセットアップします。

storage aggregate
    object-store config create -object-store-name mcc2-ostore-config-s1 -provider-type SGWS -server
    <SGWS-server-1> -container-name <SGWS-bucket-3> -access-key <key> -secret-password <password> -encrypt
    <true|false> -provider <provider-type> -is-ssl-enabled <true|false> ipspace
    <IPSpace>
storage aggregate
    object-store config create -object-store-name mcc2-ostore-config-s2 -provider-type SGWS -server
    <SGWS-server-2> -container-name <SGWS-bucket-4> -access-key <key> -secret-password <password> -encrypt
    <true|false> -provider <provider-type> -is-ssl-enabled <true|false> ipspace
    <IPSpace>