クラウド階層としてのIBM Cloud Object Storageのセットアップ

ONTAP 9.5以降を実行している場合は、IBM Cloud Object StorageをFabricPoolのクラウド階層としてセットアップできます。

手順

  1. storage aggregate object-store config createコマンドで-provider-type IBM_COSパラメータを使用して、IBM Cloud Object Storageの設定情報を指定します。
    • 指定された情報でONTAPからIBM Cloud Object Storageにアクセスできない場合は、storage aggregate object-store config createコマンドが失敗します。
    • -access-keyパラメータを使用して、IBM Cloud Object Storageオブジェクト ストアへの要求を認証するためのアクセス キーを指定します。
    • -secret-passwordパラメータを使用して、IBM Cloud Object Storageオブジェクト ストアへの要求を認証するためのパスワード(シークレット アクセス キー)を指定します。
    • IBM Cloud Object Storageのパスワードが変更された場合は、ONTAPに格納されている対応するパスワードをただちに更新する必要があります。

      これにより、ONTAPは引き続きIBM Cloud Object Storage内のデータにアクセスできます。

    storage aggregate object-store config create 
    -object-store-name MyIBM -provider-type IBM_COS 
    -server s3.us-east.objectstorage.softlayer.net 
    -container-name my-ibm-cos-bucket -access-key DXJRXHPXHYXA9X31X3JX
  2. storage aggregate object-store config showコマンドを使用して、IBM Cloud Object Storageの設定情報を表示して確認します。
    FabricPoolに使用するIBM Cloud Object Storageの設定情報は、storage aggregate object-store config modifyコマンドを使用して変更できます。