ウイルス対策保護

オンプレミスでは通常、統合されたウイルス対策機能を使用して、ウイルスやその他の悪意のあるプログラムからデータを保護します。Cloud Volumes ONTAPを使用する場合、同様のウイルス対策保護をクラウドでも利用できます。

ストレージ システムとウイルス対策ソフトウェア間の通信は、ローカル サーバにインストールされたONTAP Antivirus Connectorによって処理されます。Cloud Volumes ONTAPの場合、ONTAPと同じクラウド上の仮想マシンにAntivirus Connectorをインストールします。