CIFSクライアント アクセスの設定と確認

準備ができたら、エクスプローラでNTFSファイル権限を設定し、System Managerで共有ACLを変更して、選択したクライアントに共有へのアクセスを許可することができます。設定が完了したら、該当するユーザまたはグループがボリュームにアクセスできることを確認してください。

手順

  1. 共有へのアクセスを許可するクライアントとユーザまたはグループを決めます。
  2. Windowsクライアントで、管理者ロールを使用して、ユーザまたはグループにファイルとフォルダに対する権限を付与します。
    1. NTFS権限を管理するための十分な管理権限がある管理者としてWindowsクライアントにログインします。
    2. エクスプローラで、ドライブを右クリックし、[Properties]を選択します。
    3. [Security]タブを選択し、グループおよびユーザのセキュリティ設定を必要に応じて調整します。
  3. System Managerで、共有ACLを変更して、Windowsのユーザまたはグループに共有へのアクセスを許可します。
    1. [Shares]ウィンドウに移動します。
    2. 共有を選択し、[Edit]をクリックします。
    3. [Permissions]タブを選択し、ユーザまたはグループに共有へのアクセスを許可します。
  4. Windowsクライアントで、共有およびファイルへのアクセスを許可したいずれかのユーザとしてログインし、共有にアクセスしてファイルを作成できることを確認します。