FCの構成ワークフロー

FCを使用してホストでストレージを利用できるようにするには、Storage Virtual Machine(SVM)でボリュームとLUNをプロビジョニングし、ホストからLUNに接続します。


次の図はFCワークフローのフローチャートを示したものです。ワークフローの各手順は本マニュアルのトピックに対応しています。