データストアのプロビジョニングとその格納先LUNおよびボリュームの作成

データストアには、ESXiホストの仮想マシンとそのVMDKが格納されます。ESXiホストのデータストアは、ストレージ クラスタのLUNにプロビジョニングします。

開始する前に

Virtual Storage Console for VMware vSphere(VSC)をインストールし、ESXiホストを管理するvCenter Serverに登録しておく必要があります。

LUNおよびボリュームを作成するための十分なクラスタまたはStorage Virtual Machine(SVM)のクレデンシャルがVSCに必要です。

タスク概要

指定したSVMでのLUNおよびボリュームの作成も含めて、VSCではデータストアのプロビジョニングが自動化されます。

手順

  1. vSphere Web Clientの[Home]ページで、[Hosts and Clusters]をクリックします。
  2. ナビゲーション ペインで、データストアをプロビジョニングするデータセンターを展開します。
  3. ESXiホストを右クリックし、[NetApp VSC] > [Provision Datastore]を選択します。
    また、プロビジョニング時にクラスタを右クリックして、クラスタ内のすべてのホストでデータストアを使用できるようにすることもできます。
  4. ウィザードで必要な情報を指定します。

    VSCデータストア プロビジョニング ウィザードの最初のページの図。
    • データストアのタイプとして[VMFS]を選択します。
    • VMFSプロトコルとして[iSCSI]を選択します。
    • ストレージ機能プロファイルとして[None]を選択します。
    • [Thin provision]チェック ボックスが選択されていないことを確認します。
    • [Create new volume]チェック ボックスを選択します。