iSCSIサービスの開始

iSCSI構成ファイルを編集したら、ホストがターゲットを検出してLUNにアクセスできるように、iSCSIサービスを開始する必要があります。iSCSIサービスが実行中の場合は、再起動する必要があります。

手順

Linuxホストのコマンド プロンプトでiSCSIサービスを開始します。
対象 入力する内容
Red Hat Enterprise Linux 7 シリーズ、SUSE Linux Enterprise 12シリーズ systemctl start iscsid
Red Hat Enterprise Linux 6 シリーズ
注: このコマンドは、Red Hat Enterprise Linux 6 シリーズおよびOracle Linux 6シリーズを実行しているホストで初めてiSCSIサービスを開始するときに実行する必要があります。/etc/init.d/iscsi startを実行する前に、service iscsid force-startを実行していないとエラー メッセージが表示されます。
service iscsid force-start
Red Hat Enterprise Linux 5または4シリーズ、Oracle Linux 5シリーズ、Red Hat Enterprise Virtualization、Oracle Linux、Oracle VM /etc/init.d/iscsi start
SUSE Linux Enterprise Server10または11シリーズ /etc/init.d/open-iscsi start
Citrixでは、iscsiadmツールの使用を推奨していません。ネイティブのXAPIスタックで、iSCSIサービスの開始と停止、ブート時の自動ログイン、およびその他のiSCSIの処理が実行されます。