クラスタのバックアップ ユーザの設定

バックアップ アプリケーションからNDMPを認証するには、ローカル バックアップ ユーザか、adminまたはbackupロールを持つクラスタのNISまたはLDAPユーザを作成し、バックアップ ユーザのNDMPパスワードを生成する必要があります。

開始する前に

NISまたはLDAPユーザを使用する場合は、それぞれのサーバでユーザを作成する必要があります。Active Directoryユーザは使用できません。

手順

  1. security login createコマンドを使用して、adminまたはbackupロールを持つバックアップ ユーザを作成します。
    -user-or-group-nameパラメータには、ローカル バックアップ ユーザの名前かNISまたはLDAPユーザの名前を指定できます。
    次のコマンドは、backupロールを持つバックアップ ユーザbackup_admin1を作成します。
    cluster1::> security login create -user-or-group-name backup_admin1 -application ssh 
    -authmethod password -role backup
    
    Please enter a password for user 'backup_admin1':
    Please enter it again:
  2. vserver services ndmp generate passwordコマンドを使用して、管理SVMのパスワードを生成します。
    生成されたパスワードは、バックアップ アプリケーションによるNDMP接続の認証で必要になります。
    cluster1::> vserver services ndmp generate-password -vserver cluster1 -user backup_admin1
    
     Vserver: cluster1
        User: backup_admin1
    Password: qG5CqQHYxw7tE57g