Active IQ Unified Managerワークシート

Active IQ Unified Managerのインストール、設定、および接続に進む前に、環境に関する特定の情報を確認しておく必要があります。次のリストに情報をまとめておくと便利です。

Unified Managerのインストール情報

ソフトウェアの導入先の仮想マシン 収集/決定する情報
ESXiサーバのIPアドレス  
ホストの完全修飾ドメイン名  
ホストのIPアドレス  
ネットワーク マスク  
ゲートウェイのIPアドレス  
プライマリDNSアドレス  
セカンダリDNSアドレス  
検索ドメイン  
メンテナンス ユーザのユーザ名  
メンテナンス ユーザのパスワード  

Unified Managerの設定情報

設定 収集/決定する情報
メンテナンス ユーザのEメール アドレス  
NTPサーバ  
SMTPサーバのホスト名またはIPアドレス  
SMTPのユーザ名  
SMTPのパスワード  
SMTPのデフォルト ポート 25(デフォルト値)
アラート通知の送信元Eメール アドレス  
LDAPのバインド識別名  
LDAPのバインド パスワード  

クラスタ情報

Unified Managerで各クラスタについて次の情報を確認します。

クラスタ1 / N 収集/決定する情報
ホスト名またはクラスタ管理IPアドレス  
ONTAP管理者のユーザ名
注: 管理者には「admin」ロールが割り当てられている必要があります。
 
ONTAP管理者のパスワード  
プロトコル(HTTPまたはHTTPS)